さすが

  • 2016.08.26 Friday
  • 08:01

 

先日、新里先生と最近読んだ武道小説について話をした。

 

先生はちゃんと読んでおられて、

その小説の良い点、問題点をきちんと指摘された。

当時の時代背景を知るにはとても良いと。

 

しかし型の描写になると厳しい評価。

著者自身、空手家で道場まで持っているそうで、

その人の空手の理解の範囲内で書く。

 

技術的な描写の問題点をいろいろ指摘され、

そのひとつひとつが鋭くまた的確。

本部朝基のような天才がそのような

動き、解釈をすることはありえないと

達人ならではの評価。

 

同じ著者が、沖縄空手を本土にひろめた

船越義珍を描いた「義珍の拳」を、

こちらのほうがいいよと貸してくださった。

 

その本には、たくさんの線引き、メモが書かれてある。

そのようにして本を読みこんでいる。

感服しました。

 

 

コメント
こんばんは。
名古屋のいとこの英治です。
大変ご無沙汰いたしております。
本日偶然このサイトを見つけ、良くんがご活躍されていて、たいへんうれしくまた懐かしくなり、ここに書き込みさせていただきました。
ご立派な先生に良くんとは失礼だとは存じますが、私にとって子供の頃の記憶しか残っていません。
瀬戸でかわいがっていただいて、私も医師にはなれなかったけれど医療の道に進んでおります。
またいつかお会いできる日を楽しみにして、このブログを拝見させていただきます。
  • 林 英治
  • 2016/08/27 10:37 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM